女性のための保険

老後の資金

女性のための保険
だれもが避けて通れないのが老後です。
フリーランスで働く人には定年はありませんが、企業に勤める人は60歳から65歳で定年を迎えます。
はっきり言いますと老後に資金は十万や百万単位の話ではありません。
たまに老後資金は夫婦で1億円などという話を聞きますが、そこまでも必要はありません。
65歳までに夫婦で約3800万円、独身で3000万円が必要だといわれています。
夫婦二人で日常生活に支障が出ない程度ですと22万3千円で済みますが、ゆとりある生活を送ろうと思うと36万6千円が必要になります。
個人の年収によって老後の年金額が変わりますので、支給予定額を社会保険庁から送られてくるねんきん定期便で確認してみましょう。
例えば会社勤めの夫と専業主婦の妻というモデル世帯ですと年金支給額は23万円になります。
最低生活できる範囲の金額は賄えます。
ゆとりある生活を送りたいと考える場合は差額の13万6千円が必要となります。
ただし、年金の支給年齢があがることも考えられますし、早期から年金を受け取ると支給される金額が下がってしまったりもします。
フリーランスで働く人は厚生年金を受給できませんので夫婦で約6600万円が必要だといわれています。
ですので、保険を見直して貯蓄に回すことも検討してみましょう。
掛け金は高いですが養老保険を貯蓄として考えて加入することもおすすめします。
貯蓄の余剰金で投資を考えてみても良いでしょう。
老後は医療の世話になる機会も増えますし、老後はゆとりある生活を送りたいですね。

Copyright (C)2018女性のための保険.All rights reserved.