女性のための保険

出産時のお金の話

女性のための保険
妊娠は病気ではないため、検診や出産費用などは全額自己負担です。
出産の際に帝王切開になったりすると健康保険の適応になったりもしますが、基本的には自己負担です。
出産にかかる平均的な費用は35万円〜50万円です。
こう聞くと出産に足が遠のいてしまいますが、安心してください。
現在の制度ですと出産一時金として38万円が健康保険か国民健康保険に加入していて、妊娠4カ月以上経過した人なら誰でも受け取ることができます。
夫の健康保険に扶養家族として加入している場合でも家族出産育児金として同額を受け取ることができます。
手続きは、必要な欄を医師に記入してもらい保険の窓口に提出すれば大丈夫です。
あらかじめ、分娩を予定している病院に払い込んでおくこともできます。
ただし、不足分は現金で支払うことになりますので準備が必要です。
そして仕事を続ける方が産休中に勤務先の健康保険からもらえる出産手当金という制度もあります。
この制度は、出産以前の42日目から、出産の日の翌日以後56日目までの範囲内で会社を休んだ期間に支給されます。
ただし、多胎妊婦さんの場合は出産以前の98日目から適応されます。
支給額は平均日給の6割に最長98日分をかけた金額です。
ただし、産休期間に出産手当金の金額より多い報酬を得られる場合は、出産手当金は支給されませんので注意が必要です。
育児休業基本給付金は、1歳未満の赤ちゃんを育てるために俗に言う育児休暇を取得した場合にもらえる給付金です。
期間は10カ月です。
支給額は平均月給の3割に10か月をかけた金額です。
この制度は女性だけでなく男性も取得することができます。
こうした制度を利用して快適な生活を送りながら出産できるといいですね。

関連キーワード

Copyright (C)2018女性のための保険.All rights reserved.