女性のための保険

色々な投資の種類

女性のための保険
貯蓄の運用は難しくて、勉強するのも大変です。
ただ、お金のことを知らないと世の中の仕組みも理解しがたくなってしまいます。
余剰金がある人で先進医療を受けた場合でも難なく支払う貯金がある人は医療保険や死亡保障などに加入する必要はありません。
その分投資をして余剰金を増やし貯蓄を潤わすことに力を注いだ方が効率的です。
すでに貯蓄が100万円以上ある人は自分の年収分の金額を貯めることを目指しましょう。
その上余裕ができたらお金を増やしていきましょう。
投資の方法は大きく4つあります。
株式投資、投資信託、個人向け国債、外貨預金です。
株式投資は業績が良ければ配当が受けられますし、売却によって利益も得られます。
企業によっては株主優待も受けることができますが、株価が下がると資産が減りますし、もちろん倒産によって資産価値が0になる可能性もあります。
その点、投資信託は集めたお金をプロが運用してくれますし投資額も少額から始められます。
ただしこちらも元本割れする危険があることと個人の株式投資に比べて手数料が高くなります。
ですので手数料によって元本割れしないかなど自分でもよく確認することが必要です。
個人向け国債ですが、これは元本が保証されており1万円から始めることができます。
ただし、発行回数が限られており、中途解約すると利子がひかれてしまいます。
外資資金は日本よりも金利が高いものが多く、円安になれば利益が得られます。
ただ、為替手数料が高く、もちろん円高になれば元本割れしてしまう危険性があります。
このことを考慮して初めての方には投資信託や個人向け国債がおすすめです。

関連キーワード

Copyright (C)2018女性のための保険.All rights reserved.